肌を改善する美容液

エイジングケアなら

美容液の基本的な目的は保湿であり、肌の水分をキープすることですが、エイジングケアも一緒に目指したい時は保湿成分に加えてシワ対策向けの成分も配合された美容液を使いましょう。

シワ・シミ・たるみ対策におすすめの成分は、ビタミンC誘導体・レチノール・ポリフェノール・ナイアシン・コラーゲン・プラセンタです。ビタミンCはコラーゲンを増やす働きを促す成分のため、エイジングケアを目指した美容液選びには欠かせません。しかしビタミンCそのものではなく、なぜ誘導体なのかと言うと、ビタミンCそのままでは安定しづらく肌に対して逆効果になる可能性があるからです。

レチノールはビタミンAのことで、ビタミンAは肌を健康に保つと言われている成分のためこちらもエイジング化粧品には不可欠です。ポリフェノールは活性酸素を無害化し、ナイアシンは体内でタンパク質の代謝などに欠かせません。

それからコラーゲンは強い保湿作用があると言われるため、ハリアップやたるみ改善に役立ち、プラセンタは新陳代謝を高めて肌で増えてしまったメラニン色素の排出をスムーズにすると言われています。

このような成分が全て含まれいなくても、この中から特に改善したいエイジングサインに適した美容液を選ぶと良いでしょう。